印章豆知識

 ■印鑑と印章は同じ?
 印は、印章・印鑑・はんこ・・と様々な呼び方があります。
 一般的には、印鑑と呼称されることが多いですが、印鑑の意味は
 印の鑑(かがみ)で、印を押してできた形、つまり印影のことを指します。
 印章は、印本体を指します。

 ■実印とは?
 市町村の役所に、印鑑登録として届け出たものが「実印」で
 法律上の権利発生の際(婚姻・不動産取得等)に使用します。

 ■銀行印とは?
 金融機関に届け出る印鑑で、財産を守り、管理する上で使用します。

 ■認め印とは?
 日常生活の中で、様々な確認事項に使用する印鑑が認印で、頻繁に使用し
 第三者の目に触れる機会も多いので、トラブル防止を考慮し
 実印・銀行印とは、別にする方が良いでしょう。 

 ■印章の日
 近代の印制度が、太政官令として施行された日を記念して
 10月1日を印章の日と制定されました。

 ■いらなくなったハンコは、どうする?
 はんこを供養する印納祭があります。京都の下鴨神社で催され
 必要がなくなった印を印璽社に納めて供養します。
 お近くの正規印章店に、お問い合わせください。

 ■印税の由来
 書籍などの著作権が発生するものを販売する際に、販売業者から著者に
 支払われるギャランティーを印税といい、昭和40年代頃までは数量確認の
 ために検印を押していたことから、印税と呼ばれるようになったそうです。