印章の役割と手彫り印章のすすめ (印章は、あなたの大切な“顔”です)


印章の種類は様々で、実用的なものからファッション性の高いもの
まで多数ありますが、彫り方は三通りで、パソコンを応用した自動
彫刻機による「機械彫り」、熟練職人による「純粋手彫り」、機械
と手作業の両方を用いる「手仕上げ」の方法があります。    

スピードと安価を求めるならば、機械彫りを選択される方(かた)が
多いと思いますが、この方法はパソコンの書体をそのまま使うため
類似した印鑑ができやすい欠点があります。          

印章は、社会生活の中で、何度も作り変えるものではありません。
意思(内容)を確認した、了解した、ということを「証拠」に残す
役割をもつ印章。財産や権利にかかわる大切な押印には、唯一無二
の手彫り印章をお薦めします。                

印章は、あなたの大切な“顔”です。 実印・銀行印・会社設立印
ゴム印等、印章のご用命は、創業五十余年の当店へお任せ下さい。
熟練した一級印章彫刻技能士が、一刀一刀心を込めて彫刻し、品質
技術共に、ご満足の頂ける印章をお届けいたします。      
総手彫り印章が完成するまでの工程です



工程1.印稿作成  お客様のご希望の書体でお名前の原稿を作成します


工程2.印面調整  彫る面を研磨して平にします


工程3.朱打ち  調整した面に文字を書くために朱墨を塗ります


工程4.字割り  大切な工程で、正確に字割付を行います


工程5.字入れ  印稿を見ながらバランス良く逆文字を書きます


工程6.鏡による点検  鏡で、正体した文字の向きバランスを確認します


工程7.荒彫り  墨書き部分を削り取らないように彫刻します


工程8.墨打ち  砥石で印面を補正し、墨打ちをします


工程9.仕上げ  一点一画まで、文字の筆意を生かして慎重に仕上げます


完 成


総手彫り印章が完成するまでの流れは
コチラをご覧下さい。画像でご覧いただけます。